開く

環境への取り組み

「明日の、そして未来の地球を守る」

今、私たちができること…

地球温暖化、資源の枯渇、生態系の変化など、今、地球は瀕死の危機に直面しています。
水・空気・エネルギーを大量に消費してきた私たちは、次の世代へ何を残すのかを真剣に考えなければなりません。

キヤノングループの環境保障の考え方

キヤノングループは、企業理念「共生」のもと、環境保障理念として「資源生産性の最大化」を揚げてします。それを実現する環境保障の基本方針は「EQCD思想」です。EQCD思想は、環境保障(Environment)、品質(Quality)、コスト(Cost)、納期(Delivery)の考え方のもと、環境保障活動と経済活動の2つのベクトルを一致させていくという考え方です。
この考え方を基本として、キヤノンは2008年にキヤノン環境ビジョン「Action for Green」を制定。「豊かな生活と地域環境が両立する社会」をあるべき姿とし、製品ライフサイクル全体を通した、製品の高機能化と環境負荷の最小化の同時達成に向けて、キヤノングループ、さらにはステークホルダーの皆さまの連携のもと、環境の取り組みを推進しています。

参考リンク

私たちの取組み

上野キヤノンマテリアル株式会社は、キヤノングループの一員として「キヤノングループ環境憲章」にもとづき、地域・地球との共生を第一とした企業活動に取り組んでいます。

企業活動の様子
企業活動の様子

産業廃棄物は、社内での分別を徹底し、再資源化、有価物化、さらにグループ内での循環利用を図ることで、資源循環型生産を実現しています。
エネルギーの使用に際しては、より高効率な生産装置を採用し、省エネルギーに努めています。

上野キヤノンマテリアル株式会社は、未来の地球を守るため、全員が一丸となって、日々の環境保護活動に取組んでいます。