開く

社会貢献活動

地域とのふれあいを大切にし、地域社会との共生を目指した活動を行っています。

地域社会への貢献

全世界に工業製品を供給することを社業としていることから、地域の人々にサービスを提供したり、地域の地産品を地域外に販売するような企業と比べると、直接的な地域貢献度は決して高くはありません。
上野キヤノンマテリアルは、地域とのふれあいを大切にし、地域社会との共生を目指した活動を随時実行することで、社業以外の面で間接的に地域社会へ貢献したいと考えています。
たとえば会社近隣の清掃活動や、伊賀市の「市民夏のにぎわいフェスタ」での社員ボランティア、地元小学生を迎えての環境勉強会の開催、未就業者の職業体験学習の受入れなどを行っています。その他さまざまな活動を通じ、なによりも地域の方に喜んでもらうことを意識して活動に取り組んでいます。

次世代育成支援の推進

近年、日本国内で注目されているのが「次世代育成支援」という概念です。
これは国内での急速な少子化の進行や家庭を取り巻く環境の変化に対応するため、次代を担う子どもが健やかに育まれる社会を形作ることを目的に、国が企業に対して、労働者が「親子の時間」を持てるよう働き方を配慮するなどの社会協力を求めているものです。
上野キヤノンマテリアルでは、ノー残業デーや最長3年間の育児休業・育児短時間制度といった労働時間整備だけでなく、社員の家族を会社に招く「オープンデー」や、家族参加型の社員レクリエーションの実施、グループ企業のキヤノンマーケティングジャパンとともに、「未来につなぐふるさとプロジェクト」に参加するなど、企業として積極的に子どもたちと触れ合う風土を作っています。

近隣清掃・清掃ボランティア

社員が、会社周辺・通勤経路・近隣地域などの清掃活動を定期的に実施しています。

近隣清掃・清掃ボランティア

三重県伊賀市で実施されています。夏祭り「市民夏のにぎわいフェスタ」において、ゴミステーションでのゴミの収集・分別、会場内のゴミ拾いなどを行い、環境美化活動に参加しています。

近隣清掃・清掃ボランティア

環境学習

「キヤノンジュニアフォトグラファーズ」は、自然をテーマとした写真撮影の体験を通して、子供たちの環境に対する意識を高めるとともに、豊かな感性を育む写真プロジェクトです。
撮影した写真を仲間の前で発表し、感動や発見を周囲に伝えるプログラムも用意しています。キヤノングループの社会貢献活動として2004年にスタートし全国で開催しています。

環境学習
環境学習

お花見会

構内には、100本の桜の木があります。桜の花が、満開にきれいに咲き誇るころ社員はもちろんのこと、地域の方々も見学に来られ、お花見を楽しんでいただいています。

お花見会
お花見会

納涼祭

地域の子ども達を納涼祭にご招待しています。ちびっこコーナーでは簡単なお遊び、ステージではゲームなどをしています。

納涼祭
納涼祭

防災訓練

毎年、伊賀市消防本部と合同による総合防災訓練を実施しています。

防災訓練
防災訓練