開く

安全衛生への取り組み

「安全なくして経営なし」の理念のもと
全員参加で無事故・無災害に挑戦し続けています。

安全・安心 の確保が企業経営の最優先事項であると考え、安心して働ける職場環境づくりを目指し、安全衛生活動に取り組んでいます。

キヤノングループでは、「健康第一主義」「三自の精神」の行動指針に基づき、相互作用で個人や組織の能力が最大限に発揮され企業の成果を生み出すこと、社員一人ひとりが「思いきり働くこと」「健康で働ける幸せ」を実感できることが「キヤノン式健康経営」と位置付けています。

※健康第一主義とは、健康と明朗をモットーとし、人格の向上につとめるというものです。

<上野キヤノンマテリアル健康経営宣言>

  1. 健康で働くことの幸せを実感できる職場を目指します。
  2. 健康意識を醸成するために健康に関する情報を周知するよう取り組みます。
  3. 生活習慣病予防のための健康づくりに取り組みます。
  4. がん検診受診率向上と喫煙率低下に取り組みます。
  5. こころのつながりを大切に気持ちのいい職場を目指します。

安全衛生活動

総括安全衛生管理者が委員長を務める安全衛生委員会を設置し、安全衛生方針と活動計画を策定して、労働災害の撲滅、健康保持増進、メンタルヘルス、交通安全、防火防災、快適職場づくりを推進しています。

外観写真
安全衛生活動の様子

安全衛生

安全衛生マネジメントシステムの実践により、機械装置に起因したリスクのみならず、人の作業や行動による潜在的なリスクにも着目し、「災害ゼロ」「事故ゼロ」「危険ゼロ」をめざして取り組んでいます。

安全衛生 イメージ写真
安全衛生の様子

健康支援

病気予防と健康増進に力を入れて、健康支援に取り組んでいます。
個人と組織が力を発揮できることを目指し、重点項目の取り組みを推進します。

<重点項目>

  1. メンタルヘルス対策
    管理職教育、メンタルセミナー、専門医による相談、復職支援プログラム
  2. 生活習慣病予防
    対策健康相談、健康増進イベント/セミナー、特定保健指導
  3. がん予防対策
    がん対策セミナー、がん検診受診推進、就労と治療の両立支援
食生活改善ランチョンセミナーの様子

食生活改善ランチョンセミナー

がん対策セミナーの様子

がん対策セミナー