開く

社員紹介

技術推進 S.Kさん

技術推進 技術系

S.Kさん
理学部 化学科 卒業
2012年度入社

これまでのキャリア

工場実習 (3ヶ月) → 製品技術 (1年)
→ 製造部門 (1年) → 製品技術 (3年)
→ 技術推進 (現職:2年目)

現在の仕事内容

トナーやトナーカートリッジなどで用いられる「機能性材料」をターゲットに、「量産スケールでの製造条件検討」に取り組んでいます。

具体的には、スケールアップ時の再現性確認をしたり、生産性 (作りやすさ・収率)を向上させる検討を行なっています。また、「検討品の評価方法確立」にも取り組んでいます。
目標が高く難題ですが、トナーの評価方法を参考に社内外問わず分析検討に出向いています。基本的に自分たちの手で装置を動かしてモノづくりをしていくので、材料のことだけでなく、装置のことも学ぶ必要があり、やりがいのある仕事です。

業務に活かせている学生時代の経験

大学では「有機化学」を専攻していました。弊社は化成品を取り扱う企業ですので、学んできた化学の知識はほとんど業務に活かすことができています。
また、分析機器の原理を学ぶ際も、学んできた知識があるためスムーズに理解することができています。今の仕事は様々な分析機器の情報を仕入れて、望みの評価ができるかできないか判断する必要があるため、非常に重宝しています。

職場風景

私が上野キヤノンマテリアルを選んだ理由

第一に「モノづくり」をしたいと考えていました。人々の暮らしの一部になるようなものに携わりたいと思っていたためです。第二に「仕事の幅」です。キヤノン(株)を含め、様々なグループ各社とともに仕事に取り組むことができ、人間性の幅が広がると感じ、私には魅力に映りました。
そのほかに、実際に入社後に感じたことは、有給休暇が取りやすいことです。自分の時間を非常に尊重してくれる風土であり、仕事とプライベートの時間にメリハリをつけることができ、働きやすい環境です。

職場の雰囲気

職場風景

私の職場は昨年新しく設立され、今年で2年目になります。
仕事においてはチームワークが高く、また、困っていれば手助けをしてもらえると感じています。明るい人も多く、日々楽しく仕事ができています。

就職活動中のみなさんへ

就職活動は、自分のことを深く考えるいい期間だと感じます。まずは、自己分析をしてみてください。キヤノンでは、なぜ?を5回繰り返すよう言われます。物事の本質が見えてくるからです。そして、じっくり悩んでください。決してその時間は無駄ではありません。自分の気持ちに正直になることで、自信を持って発言できるようになり、面接でも臆することがなくなるからです。
なかなか結果が出ない時期もあると思いますが、あせらずに自分の気持ちに正直に就職活動を進めてください。