開く

社員紹介

N.Tさん

生産管理 事務系

N.Tさん
教育学部 卒業
2007年度入社

これまでのキャリア

生産管理(物流区)(6年) → キヤノン(株)(下丸子本社)(1年) → 生産管理(計画区)(現職:5年目)

現在の仕事内容

私は生産管理部門で①プラントの計画・統制業務 ②製造予定作成業務を担当しています。
①については多系列の生産計画の立案、及び原材料の発注、稼働状況確認などを行ない、製造/技術部門と調整し、全体を統制する役割があります。その中で計画立案はキヤノン(株)からの要求情報を俊敏かつ的確に計画に結び付ける必要があり、また、製造ラインの停止に繋がる発注ミスは許されない業務ですので、日々責任感を持って業務に取り組んでいます。
②に関してはキヤノン(株)から要求の最新データを入手してまとめ上げ、売上/付加金額を集計し、経理部門に繋ぎます。
そうすることで今、会社がどういう状況にあるかをいち早くとらえることが出来ます。

仕事を通じて一番嬉しかったこと

一番うれしかったことは、4年目に物流区で製品出荷を担当していた時の話になります。
当時、製品出荷は年間数千便にも及び、配車積載効率はある程度高い数値ではありましたが、更なる財務体質強化に向けて積載効率UPに取り組みました。
 自分が中心となり、多様化する物流体制にフレキシブルに対応するために運送会社と、そして生産進捗を素早くキャッチするために関連部門と調整を続けることで、更なる積載効率UPを達成し、自信にも繋がりました。

職場風景

私が上野キヤノンマテリアルを選んだ理由

理由は2つあります。1つ目の理由は、地元だからです。小学校への通学路にはキヤノンがあり、世界的に有名なキヤノンの製造にいつか携わりたいと、小学生ながら漠然と考えていていました。また、慣れ親しんだ環境の地元で働くことが出来たら、しっかりと会社に貢献できると考えました。
2つ目の理由は、キヤノンは役割給制度を採用しているためです。
成果主義を前提としているため、年功序列に関係なく実力が評価されることで、仕事のモチベーションに繋がると考えました。

職場の雰囲気

職場風景

職場の雰囲気はとても良いです。地元出身の方も多く、部署に関わらずどの方でも気さくに話し、相談もこちらが求めている以上に親身になって聞いてくれます。
また、私のいる生産管理部門では20代〜60代の様々な年代の方がいますが、皆で助け合いながら業務をこなし、コミュニケーションも非常に取りやすい職場です。

就職活動中のみなさんへ

就職活動中はいろいろと悩むことが多いと思いますが、だからこそしっかり自分を見つめ直すいい機会になると思います。
自分はどんな環境で働きたいか、また自分の強みは何で、それを生かすことが出来る仕事は何かをしっかり考え、自分に合った会社を見つけてください。